下北沢は交通アクセスの良い街です

下北沢は、東京都世田谷区の北東部の地域を呼ぶ名前です。

略称は、「下北(しもきた)」で通用しています。

下北沢がメディアに登場する場面というのは、若者の街、あるいはファッションの街、そして、小劇場の集積する地域として取り上げられることが頻繁にあります。

主に下北沢駅前の光景が「下北」のイメージとしてテレビや雑誌では通っていますが、それ以外はほとんどが住宅地で、比較的規模の小さい共同住宅や一戸建住宅が目立ちます。

小田急線や井の頭線で、新宿・渋谷へ10分少々で行くことができますので、交通アクセスは極めて良好です。

同地は、国士舘大学世田谷・梅ヶ丘キャンパス、明治大学和泉キャンパス、東京大学駒場キャンパスなどといった大学に近いため、学生の数も多いのが特徴です。

また、下北沢には、内科、歯科はじめ多くの病院があって、健康的な生活を支えています。

今後も、新旧が混ざったカオスの街として、下北沢は多くの話題を提供していくことでしょう。